お気軽に下記までご相談ください!

お電話でのご相談
〒666-0021
兵庫県川西市栄根2-22-5
トサキビル202
起業支援・会社設立について
03-税務相談事例
04-管理会計の事例
05-財務なんでも情報
02-起業支援・会社設立について

起業 川西市 宝塚 起業家の資金繰り、創業融資について

起業 川西市 宝塚 創業融資について、川西市の税理士が説明しています。

創業融資において、必要な資金を計算し、融資申込書を書き、面接に臨むという行為は就職活動などで、履歴書を書く行為に似ているように思います。履歴書は面談において、自分の得意分野に相手を引き込めるよう、できるだけそこに質問が集中するように工夫して書くでしょう。創業融資においても、これは同じことだと思います。なぜその金額のお金が必要なのか、どうやって借りたお金を返すのか、なぜその事業は儲かるのか、金融機関に説明し、納得してもらわなければなりません。融資に限らずとも、戦術において大切なことは、自分の土俵で戦うということです。自分の土俵で戦うためには、相手と自分自身のことをよく知り、市場をよく研究し、最適のタイミングを計ることが必要です。

 

まず、自分自身については、特に強みを理解します。この強みを活かすためには市場をよく研究し、その市場において、自信の強みが発揮できるよう戦略を考えなければなりません。そして、これを金融機関に説明するためには、なぜあなたの強みが強みと言えるのかを、これまでの実績、これまでの努力により伝えるとともに、なぜあなたの商品やサービスが市場で顧客に受け入れられるのか、競争相手に勝てるのか、自社の優位性を戦略とともに自分の言葉で語れるよう準備する必要があります。前回のコラムで書いた必要資金の計算とともに、ここをしっかりと準備することが重要です。

 

次に、相手方である金融機関の評価の方法については前々回のコラム(起業家の資金繰り③)でも書きましたが、融資担当者が知りたいのは、借り手の能力、技術力、堅実性など、返済能力と信用できる人物であるかということです。金融機関は貸したお金を返してくれそうな人、会社にはできるだけお金を貸したいと考えています。これは、どの融資担当者に聞いても同じ答えが返ってきます。信用保証協会の保証付きなら、金融機関自身のリスクは非常に低くなりますから、なおさらのことです。怖れることなく、しっかりと準備をして、融資担当者をあなたのファンにしてしまいましょう。

 

最後にタイミングですが、これは2つの条件が整ったときであると、私は思っています。一つめは、必要とする資金に対して、自己資金が十分にたまったときです。これには、起業するために、これまでしっかりと準備をしてきたことと熱意を証明する意味もあります。(具体的な金額についてはコラム「起業家の資金繰り②」に書いています。)

 

2つめは、自分自身が起業するための準備が十分にできたと自信を持てたときです。2005年の国税庁の統計によれば、5年で85%の新設企業が消え、10年生存する企業は6.3%にすぎないそうです。もちろんこの中には節税のための会社やいわゆる幽霊会社等が数多く含まれているとは思いますが、それにしても企業が生き延びていくことはそれだけ大変だということは分かっていただけるのではないでしょうか。

 

私は起業することによって自分自身や関係する人たちが幸せになってこそ、起業する意味があるのだと思います。せっかく起業するのであれば、ぜひとも成功していただきたいと思います。

税理士 宝塚 川西市 かもがわ税理士事務所プラス



税理士 川西市|かもがわ税理士事務所プラス お役立ちコンテンツ