お気軽に下記までご相談ください!

お電話でのご相談
〒666-0021
兵庫県川西市栄根2-22-5
トサキビル202
起業支援・会社設立について
03-税務相談事例
04-管理会計の事例
05-財務なんでも情報

税理士が考える 管理会計とは

管理会計とは何でしょう?

経営者が経営に必要な情報を得るための会計

言葉がとても堅苦しいので、思わず敬遠したくなりますが、

専門書などには「内部報告のための会計、経営の意思決定の役に立てるための会計」などと書かれています。

私自身は「経営者が経営に必要な情報を得るための会計」と解釈しています。

管理会計


多くの中小企業において会計は、税務署と銀行に提出するためだけのものとなっています。

しかし、企業自身にとって本来の会計の目的は企業の現状を正しく理解し、これからの経営意思決定をするための情報でなければなりません。

中小企業の経営資源(ヒト、モノ、カネ)は非常に限られています。

儲かる事業を選択し、その事業分野にこの限られたヒト、モノ、カネを集中的に投下していく判断をするためには管理会計はかかせません。

管理会計を学問的に学ぶのは大変。しかし!「実践」は意外に簡単なのです。

管理会計を学問的に学ぶのは大変です。

しかし、実務的には 売上と原価を商品別、あるいは事業部門別に把握する。

これだけでも立派な管理会計なのです。

難しく考える必要はありません。

会計の中身は情報です。

その情報のひとつひとつは領収書であり、請求書です。

これらを経営者が知りたい情報となるように整理すればよいのです。

かもがわ税理士事務所プラスでは、この情報の整理にかかる手間とそこから得られる情報の価値を社長とともに見極め、

必要な管理会計の体制を構築するお手伝いをさせていただきます。

更にはこのための管理ツールを企業の実情に合わせて作成し、少ない手間で管理会計を導入できるようサポートさせていただきます。

会計は、言わば、飛行機のコックピットのメーターの様なものです!
飛行機がきっちり、予定通りに目的地に到着しなかったら問題ですね? 会社の会計も同じです。計画通りきっちりと目標に到達する為には、正確な計器類とそれを管理し、チェックする目が必要です。
目は勿論、社長の目、計器類は何と言っても「数字」です。
川西市の税理士 かもがわ税理士事務所プラスの「プラス」は、ただ税務をこなすだけではない、
会社の社長にとっての「プラス」をサポートすることで、会社を社長の計画通りに目標に到達するお手伝いをいたします。



税理士 川西市|かもがわ税理士事務所プラスの管理会計