経営コラム

土地建物を一括売却した場合の売却価額の区分

Q このたび、社宅として利用していたマンションを売却することになりました。マンションまたは、土地建物を一括で売却した場合、売却価額はどう区分したらよいのでしょうか?

A 税務上のポイントは、建物の売却価額には消費税が含まれますが、土地には含まれないということです。つまり、一括して売却した場合には総額が決まっていますので、ここに含まれる消費税は少ないほうが納める消費税額は少なくて済みます。そのためには、建物の評価をできるだけ低くする必要があります。

 評価の方法は、次のようなものが考えられます。

①不動産鑑定士に鑑定評価を依頼する方法

②固定資産税評価額を基準として按分する方法

③相続税評価額を基準として按分する方法

④地価公示価格または都道府県地価調査標準価格を基準として按分する方法

 

実務的には、これらの方法の中で、最も建物の評価を低くできるものを選択すればよいでしょう。多くの方は②の固定資産税評価額で按分する方法で計算していると思いますが、複数の方法がある場合には最も有利な方法を選択することが大切です。今回の事例では、④の方法で計算した消費税額と②の方法で計算した消費税額に約10万円の差額がありました。

 

ちなみに購入した場合では、土地の価額を低く抑える必要があります。なぜならば、土地は減価償却ができませんが、建物は減価償却することができますので、消費税、法人税ともに節税になるからです。



「経営コ」ラム 税理士 川西市|かもがわ税理士事務所の経営に役立つ「経営コラム」