経営コラム

製品カード

当事務所のお客様が革製品の製造・販売を始められたのですが、ほとんどの製品がオーダーメイドで、その製造方法は一つ一つをミシンまたは手作業で行います。

 

これを販売するためには、製品をデザインしていくらで販売するかをお客さまに提示しなければならないのですが、そこで問題が生じました。それは、

 

「一つ一つの製品が違うため、適正な販売価格がすぐには分からない。」 ということでした。

 

そこで、私はベースとなる製品の「製品カード」を作成しました。「製品カード」とは、使用材料や工程表といった製品の製造方法を記載したもので、料理のレシピのようなものです。

 

在庫表には材料の単価と数量が記載されていますから、これと製品カードを連動させ、使用材料を番号で選ぶと、製品カードに使用材料と単価が自動表示されますので、これに使用量を入力し、工程ごとの人件費の時間単価と必要時間を入力すると、製品の原価が算出できるようにしました。

 

これにより、製品の原価計算がスピーディにできるようになっただけではなく、製造工程が整理されたことによって、製造にかかる時間が短縮されるという副次的なメリットもありました。

 

ちなみに、この製品カードは簡単な仕組みで作れましたので、無料で提供させていただきました。 



「経営コ」ラム 税理士 川西市|かもがわ税理士事務所の経営に役立つ「経営コラム」